肌トラブルを起こしやすい人の食事の特徴

わたしたちの体は摂取したものでできています。つまり、食事の質が体の質に影響するのです。

ところが最近は、外食が中心の人が増え、バランスよりも自分の好きなものを中心に食べるスタイルが普通になっているようです。たしかに、自分の好きのものを食べることは喜びを感じます。しかし、ジャンクフードやコンビニの加工食品、劣化した油や保存料、合成着色料などを過剰に摂取すると、肌トラブルを起こしやすくなります。

ですから、ジャンクなメニューを極力セーブすることが大切です。そのうえで、肌にいい食べ物を意識的に摂ることを心がけましょう。

肌トラブルを起こしやすい人というのは、バランスよりも自分の食べたいもの重視の食事スタイルで、生活も不規則な傾向にあります。また、無駄毛を薄くしようと毛抜などで毛を抜いて肌を傷めている人もいます。

では、肌にいい食べ物とは「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」をバランスよく含むものです。まず、ビタミンAは、ニンジン、牛肉、豚肉、鶏レバー、春菊、アンコウの肝などに含まれます。ビタミンCは、ピーマン、ブロッコリー、イチゴ、アセロラ、トマト、キウイなどに多く含まれています。ビタミンEは、ウナギ、アボカド、アーモンド、ヘーゼルナッツ、カボチャなどが挙げられます。

このほか、良質なタンパク質はコラーゲンの元になったり、ビタミンやミネラルなどを運ぶ役割を担っています。脂身の少ない肉、魚、大豆食品による植物性のタンパク質を摂るといいでしょう。

美肌には腸内環境が大切

美しい肌を維持するには、肌は身体の健康と関係があります。食べた物の栄養を十分吸収できる状態を維持することが大切です。食品の栄養を吸収するのは腸。つまり、腸内環境を正常に保つことが大切なのです。

腸が健康であるかどうかのバロメーターは、下痢や便秘をしていない事です。毎朝トイレで便の状態をチェックしていると腸の健康状態がわかります。

腸のために摂取しやすい食品は、整腸作用のあるりんごです。一日一個のりんごが下痢や便秘になりにくくしてくれます。さらに、繊維質の野菜、緑黄色野菜、根野菜が効果的。特に根野菜は腸の洗浄作用があるので、毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

ビタミン、ミネラルをたくさん含んでいるほうれん草ですが、ゆでる時、熱や水でビタミンが壊されています。洗ったほうれん草をラップにくるんで、電子レンジで加熱すると、水を使わないので水溶性のビタミンB群やビタミンCの壊れる度合いが少なくなります。

ヨーグルトは牛乳よりも消化がよく、下痢の原因となる乳糖が取り除かれているので、下痢をする人にも安心です。その上、カルシウムや、整腸作用のある乳酸菌も含まれています。

コーセー米肌「肌潤石鹸」の口コミ

肌の乾燥と食事

こらからの季節は汗を沢山かいたり、皮脂も分泌され乾燥とは無縁と思うかもしれません。しかし、夏も肌は乾燥しているのです。

夏はどこへ行ってもエアコンが強めに設定されています。エアコンの風は涼しくていいのですが、エアコンの風を直接受けると皮膚から水分が蒸散しやすくなります。さらに、冷たい飲み物や食べ物を食べることが多くなるため、内臓が冷えて血行が悪くなります。強い紫外線の影響も見逃せません。

そんな季節ですが、食生活からアプローチしてみましょう。

新陳代謝を良くして健康な皮膚を作るためにはバランスの取れた食事が大切です。特にビタミンA、B、C、Eを摂るように心がけてください。

ビタミンAは、皮膚の新陳代謝を高めます。また乾燥を防ぐ効果があります。緑黄色野菜(色の濃い野菜)やうなぎなどに多く含まれます。ビタミンBも代謝を改善して健康な肌をつくります。ビタミンCは、コラーゲンという肌のはりの原因である成分の生成を助けます。ビタミンEは、血行促進、抗酸化作用があります。

ただ、乾燥といっても甲状腺低下症などの病気で起こることもあります。全身的にひどい場合や、他の症状を伴う場合などは皮膚科を訪れる必要がある場合もあります。

vio脱毛が恥ずかしいなら!

ブロッコリーと美肌

紫外線は美容の大敵といわれいますが、紫外線を浴びない生活は考えられません。ですから、紫外線予防の化粧品などを使って対策をとっていることでしょう。

夏も終わりを迎える頃に、紫外線をいっぱい浴びた顔を鏡で見てショックを受けたことはないですか。紫外線は、肌の老化の原因なのです。ダメージを受けた肌の力を回復するために、オススメなのが「ブロッコリー」です。

普通肌の表面は、古い細胞から新しい細胞に生まれ変わるのに約28日かかります。紫外線はこの周期を狂わせてしまい、肌の新陳代謝がうまくいかなくなります。また紫外線を浴びると、防衛反応としてメラニン色素をたくさんつくります。通常は、メラニン色素が抜け落ちますが、日焼けがひどいとメラニン色素が真皮にまで色素沈着を起こしてしまい、シミとなります。さらに紫外線により増えた活性酸素は、コラーゲンやエラスチンを破壊し、肌のシワやたるみの原因となります。

ビタミンAが不足すると、肌はカサカサになります。また、シミも増えます。若返りのビタミンとも言われるビタミンEは、血管や細胞の酸化を防ぎます。ビタミンA、Eとにも、活性酸素を抑制する働きもあります。ビタミンCは、メラニンの生成を抑え、美白効果が知られています。さらに活性酸素を抑制し、コラーゲンの生成を活発にさせるなど、美肌に役立つ働きがあります。新陳代謝を活発にし健やかな肌づくりのためにはビタミンB2やB6も必要です。

こうした栄養素を含んでいるのが、ブロッコリーです。毎日の食事に取り入れて美肌づくりのサポートにしましょう。

肌トラブルと食事

肌のトラブルといえばニキビや吹き出物、乾燥などが挙げられるでしょう。

美しい肌は、健康な肌とも言えます。肌に限ってというよりも、体そのものが健康でいられるような食生活を意識することが大切です。

偏食したり、過度なダイエットは、栄養不足を招き、たとえスタイルはよくても肌がカサカサになったりします。肌の健康に関わる栄養素と言えば、まずタンパク質。肌はもちろん体を構成しているものなので、不足すると肌荒れの原因になります。また、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛等のミネラルも不足すると、新陳代謝が低下します。

こうした栄養成分は、幅広い食品からさまざまな栄養を食べることが大切なのです。

朝食を抜いたり、遅い時間に暴飲暴食を繰り返すと、リズムが狂って便秘の原因となります。ダイエットで極端に食べる量が少なくても、便秘になることがあります。便秘と肌荒れの関係はよくいわれています。便秘が改善するとにきびや吹き出物が改善するといわれています。肌だけに限らず、腸内環境は免疫機能にも関わる等、体全体の健康にも影響があります。

「特定のものを食べればにきびが治る」とか、「○○を食べるとニキビが出る」というような話はよく耳にしますが、食事はにきびとは科学的には関連性はないと考えらています。

とはいえ健康な肌のためには健康な体作りが前提。日頃から油っぽい食べ物ばかりとっていると、皮脂の分泌を促進します。またビタミンB群が不足すると、代謝が悪くなります。

バランスの良い食事で中から肌を綺麗に

「一生懸命スキンケアをしているのに、イマイチ調子が良くならない」と思っていませんか?もしそう思っているなら、食生活を見なおしてみてください。

美肌を作り、美肌を保つことは、スキンケアだけで実現しません。肌も体の一部ですから、血液循環で栄養を与えられています。食事でサラサラの血液を作り、栄養素を運ぶことがとても重要です。

栄養バランスを考え、肉、魚、緑黄色野菜、淡色野菜、果物、海藻、豆、きのこ、乳製品などを1日30品目摂るのがベストといわれています。ただ毎日30品目を維持するのはなかなか大変なので、とにかく偏食を避けて、美肌に必要なたんぱく質、ビタミン類を意識して下さい。

美肌のためには、野菜が欠かせません。ただ生野菜サラダや野菜ジュースは、体を冷やしてしまうという欠点があります。体が冷えると血行が悪くなって肌に栄養がまわらなくなり、代謝が悪くなってしまい逆効果にも。またるレタスなどの野菜は、ビタミンCの含有量が少ないことを覚えておきましょう。

おすすめは、かぼちゃ、にんじん、ほうれん草などビタミンの豊富な緑黄色野菜。それらを加熱して温野菜で摂るとかさを減らすことができるので、たくさんのビタミンを摂取できて体も冷やしません。

美肌のためにはタンパク質が必要です。コラーゲンの材料になるので、1日100グラムを目安に摂取するようにしましょう。大豆などの植物性タンパク質ならカロリー摂取が控えられるためオススメです。しかし、必須アミノ酸がバランスよく含まれていているのは動物性タンパク質。カロリーが気になる人は、脂身の多い肉を避け、低カロリーで高タンパクの鶏のささみや白身魚などがおすすめです。